Ftarri / Ftarri

The International Nothing

In Doubt We Trust

CD
ftarri-216
2018年2月18日発売
税抜価格 2,000 円
CD ショップ


  1. In Doubt We Trust (37:37)

    mp3 excerpt: track 1 (part 1)
    mp3 excerpt: track 1 (part 2)
    mp3 excerpt: track 1 (part 3)

Collectively composed by Kai Fagaschinski and Michael Thieke, 2015-2017

The International Nothing
Kai Fagaschinski: clarinet (right)
Michael Thieke: clarinet (left)

Recorded by Michael at ausland, Berlin, August 22nd to 24th, 2017
Mixed by Michael Thieke and Kai Fagaschinski, September and October 2017
Mastered by Werner Dafeldecker in Berlin, November 2017
デザイン:tanabemse
厚紙見開きジャケット

インターナショナル・ナッシング (The International Nothing)、4年振りのニュー・アルバム!! インターナショナル・ナッシングは、ドイツ、ベルリン在住のふたりのクラリネット奏者、カイ・ファガシンスキー (Kai Fagaschinski) とミヒャエル・ティーケ (Michael Thieke) のデュオ・プロジェクト。ふたりとも即興演奏家として知られるが、インターナショナル・ナッシングでは自ら作った曲を演奏することを常としている。2006年にデビュー・アルバム『Mainstream』、2010年に第二作『Less Action, Less Excitement, Less Everything』、2014年に第三作『The Dark Side of Success』を Ftarri レーベルよりリリース。コントラバスとドラムスを加えた四人組 The International Nothing (... and something) 名義のアルバム『The Power of Negative Thinking』をポーランドの Monotype Records より2016年にリリースしたが、これはいわば番外編。再びデュオに戻り、The International Nothing 名義では2014年以来の第四作となる『In Doubt We Trust』は、いずれも複数曲を収録した過去の3作とは違い、37分37秒の1曲のみを収録。これまでの作品同様、クラリネット特有のまろやかで暖かみある音色が、静かにゆっくりと絡み合い、響き合う。そのうえ本作においては、「インターナショナル・ナッシング・サウンド」とも言うべき独特の音の美しさと緊張感を、37分を超える長時間のフレームに絶妙に収める構成の巧みさも披露。さらに魅力を高めた、インターナショナル・ナッシングの新たな傑作!!


Last updated: February 1, 2018

ふたり ホーム